なぜ世界は日本化するのか

1,620円(内税)

迷うことはない! 
日本は「日本らしさ」を追求すればいい――

アメリカではトランプ大統領が誕生し、イギリスはEU離脱を決定、
世界はグローバリズムの時代から大転換期に入った。
グローバリズムの波に乗り遅れまいとしてきた日本はどうすべきか?
トップ経営コンサルタントとして
日本と世界のビジネス現場を見てきた著者は、
25年以上前から「世界は日本化する」と発信してきた。

日本は「より日本であり続ける」という一点を追求すれば、
世界の中で存在感ある国であり続けることができる。
混迷の時代、すべての日本人に希望と自信を与える新たな日本論!

■著者:佐藤芳直
■判型:四六判並製224ページ
■発行:育鵬社 発売:扶桑社
■発売日:平成29年3月2日
■ISBN:978-4-594-07682-5

<目次>
第1章 世界が憧れる狷本人″という社会資本
第1節 なぜ新幹線や山手線は日本でしか走らせられないのか
/第2節 なぜ日本には老舗が多いのか
/第3節 日本人の感性に世界が近づいている
第2章 日本人を作った歴史、教育、リーダーのあり方
第1節 世界一長い歴史が日本人を育んだ
/第2節 日本の教育水準は江戸時代から世界最高だった
/第3節 日本のリーダー、天皇
第3章 世界を席巻した日本的経営
第1節 敗戦からの復興
/第2節 日本を解体しようとしたGHQ
/第3節 誰かのために死ねるか
/第4節 日本的経営はどこが優れていたのか
/第5節 発動したWGIP
第4章 グローバリズムの波に呑まれた日本
第1節 日本人という社会資本の劣化
/第2節 日本人は何のために働いてきたのか
/第3節 強い企業を創ろうとすれば100年かかる
第5章 反グローバリズムに向かう世界
第1節 アメリカ国民の苛立ち
/第2節 トランプ大統領誕生とイギリスのEU離脱が示すもの
第6章 日本は「日本らしさ」を追求すればいい
第1節 伝統的な商業道徳の再評価
/第2節 日本がアジアの国々から愛される歴史的な理由
/第3節 歴史は祖先からのラブレター

イメージはありません。